最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月20日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


1〜3月期の配合飼料価格は据え置き 補てん減額で実質負担増

2013.01.05発行
 JA全農と主要商系配合飼料メーカー、日鶏連など11社・団体は去る12月14日、平成25年1〜3月期の配合飼料価格(全国・全畜種総平均)について、前期(24年10〜12月期)の価格を据え置くと発表した。
 トウモロコシと大豆かすの産地価格は値下がりする一方、円安などの影響で原料コストは上昇するが、その上昇が小幅であるため据え置くことにしたもの。ただ、前期は飼料基金からトン当たり5450円の補てんがあったが、1〜3月期は約4300円に減額されるため、実質的にはトン当たり約1150円の値上がりとなる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。