最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ハイテム、国内、海外とも納入伸長 カナダにセコノブ、ロシアにエッグフローコントロール

2012.12.15発行
 (株)ハイテム(安田勝彦社長―岐阜県各務原市テクノプラザ2−10)は、二十数年にわたる直立ベルトケージの技術蓄積と納入実績を背景に、2009年から、トヨタをはじめ多くの日本企業が進出し、工業インフラの整備が進んでいる天津でハイテム直立ベルトケージの製造を開始した。
 同工場で製造した設備は、日本国内で納入実績が着実に増加しているが、天津工場(スターハイテム)稼働を機に開始した海外販売も、中国の先進鶏卵大手“徳青源”へ直立ベルトケージを納入したほか、最近ではカナダへのセコノブ(鶏舎廃熱利用糞乾システム)、ロシアの200万羽農場向けにエッグフローコントロールを受注するなど、実績を挙げつつある。
 これらに対応するため、天津工場では今年5月に製造能力を倍増させ、年間、一直300万羽、二直600万羽設備の製造体制を確立した。
 同社では、国内市場を基礎とし、設備性能、経営利益重視(同社は設備が生むランニングコストの差を『第2の利益』と説明している)の生産者を中心に、海外の生産者との関係も深めていきたいとしている。
 【ハイテム直立ベルトケージ納入実績例(東日本地区Y農場)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。