最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


「エコファームPRO SB50」発売へ ブロイラー陽にさらに明るく エコジャンクション

2012.12.05発行
 LEDランプや太陽光発電設備、水の浄化装置など“養鶏場向けの省エネ、エコ”を推進・提案するエコジャンクション(株)(新井孝次郎社長―本社・兵庫県姫路市南駅前町124)は、今年6月に発売した養鶏用LEDランプ「エコファームPRO(レイヤー用)」よりさらに明るい「エコファームPRO SB50(ブロイラー用)」【写真下】を年明けから新発売する。
 エコファームPROは、平成22年秋から大手ポートリーと共同開発した養鶏用LEDランプで、これまでのLEDランプとは異なり全方向に明るく、調光や防水など、養鶏用ランプに必要なスペックを満たしている。その性能は高く評価されており、すでに最大手ポートリーをはじめ、全国60以上の農場で累計2万6000個以上が採用されている。
 新製品「エコファームPRO SB50」は、現行のエコファームPROが持つ全方向照射、調光、防水などの性能を備えながらも、明るさは白熱球30ワット相当(272ルーメン)から、白熱球50ワット相当(532ルーメン)へとさらに明るくなった。これにより、ブロイラー生産者からの「もう少し明るいLEDランプが欲しい」との要望にも応える。
 消費電力は6.77ワットで、白熱球50ワットの約8分の1、蛍光ボール球13ワットの約半分。定格寿命は3万時間と長寿命。新井社長は「光熱費や飼料価格の高騰で経営環境の厳しさ増す生産者の皆様に対して、節電でお手伝いしたい」と話している。PSE認証を取得後、年明けから全国に向けて販売を開始する。
 現行のエコファームPROは電球色、白色、赤色、青色、アンバー(オレンジ)色の5色があるが、最近は特にアンバー色が注目されている。
 今年9月には、愛知県農業総合試験場がアンバー色を使って2年間、名古屋コーチンを試験飼育した結果、鶏同士がつつき合うなどのけんかがゼロになったとの記事が中日新聞に掲載された。
 エコジャンクションでは2009年から、アンバー色を鶏舎内で使うことによって鶏のストレス解消を促し、卵の生産量を増やすテストを継続している。作業員からは鶏舎内が見やすくなり、仕事がしやすいとの声もあがっているとのこと。
 詳細はエコジャンクション本社(電079・224・7107)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。