最新!  8月の補てん5.103円 鶏卵価格差補てん(ニュース-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


『たまごのおせんべい』などの新商品を発売 豊橋うずら農協

2012.11.25発行
 豊橋養鶉農業協同組合(愛称=豊橋うずら農協、幡野喜一代表理事)は、11月5日の『いいたまごの日』に合わせて、うずら卵の品質などを測定する「豊橋鶉卵共進会」を開くとともに、うずら卵を使った新商品『豊橋うずら たまごのおせんべい』を発売した。
 うずら卵の生産量日本一を誇る豊橋市のうずら産業は、2009年の鳥インフルエンザ発生で大打撃を受け、うずら卵需要は現在も発生前の8割程度にとどまっている。
 同農協では、落ち込んだ消費をなんとか回復したいとの思いから、共進会を積極的に開いて、消費者の安心の確保に努める一方、新商品の開発を進めてきたもの。11月1日には、蒲郡漁協とのコラボ商品『メヒカリせんべい』(税込み315円、販売は(株)愛三企画)も発売するなど、うずら卵の消費拡大に努めている。
 共進会の卵質測定では、今年、昨年ともに品質が安定し、卵黄色のバラツキもみられないとのこと。同農協では来年以降も、共進会を11月5日に開き、『いいたまごの日』の消費拡大運動を盛り上げていきたいとしている。
 『豊橋うずら たまごのおせんべい』は、今年3月に発売の『大葉せんべい』に次ぐ、オリジナル新商品の第二弾。サクッとした食感と、ほどよい甘さが好評で、同農協では「たまごボーロのような、懐かしい味に仕上がっているため、ぜひご賞味いただきたい」としている。贈答用は18枚入りで税込み630円、一般小売り用は12枚入りで同315円。スーパーやJA直売所、同農協のネットショップ(http://toyohashi-uzura.net/)などで販売中。商品への問い合わせは同農協(電0532・48・0113)へ。
 【豊橋うずら農協が発売した新製品】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。