最新!  岩手県の食材使い復興地支援を支援 ローソンがオヤマやアマタケと協力(ニュース-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月26日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成23年の養鶏経営は増益、24年は悪化 日本政策金融公庫

2012.10.25発行
 (株)日本政策金融公庫(日本公庫)が10月1日に公表した平成23年の農業経営動向分析結果によると、採卵鶏とブロイラーは23年前半の価格が高かったため増益になったと分析した。
 採卵鶏は震災後に鶏卵が品薄になり、卵価が一時高騰したため、個人経営(39サンプル、1戸当たり平均飼養羽数2万7000羽)の農家所得は前年比12.9%増の970万円、法人経営(50サンプル、1戸当たり平均飼養羽数20万5100羽)の経常利益は5.4%増の5220万円。
 ブロイラーは、震災後の節約志向などによる需要の高まりと、23年前半の鶏肉価格が堅調に推移したため、個人(30サンプル、1戸当たり平均飼養羽数7万1900羽)の農家所得は前年比16.3%増の1170万円、法人(13サンプル、1戸当たり平均飼養羽数14万8500羽)の経常利益は同857.9%の940万円と、それぞれ『増益』となった。
 ただ、日本公庫が9月24日に発表した24年上半期の農業景況調査では、採卵鶏、ブロイラーとも年初からの価格の低迷と飼料高、生産環境維持のための電気代が約3割増え、24年の経営は悪くなるとみている。




ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。