最新!  鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き(特集-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月20日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


日鶏協と2卵価基金統合へ 10月をめどに

2012.06.25発行
 (社)日本養鶏協会は6月13日に開催の通常総会で、事業実施主体となって進めている鶏卵生産者経営安定対策事業のより効率的、効果的な事業実施を図るため、(社)全国鶏卵価格安定基金、(社)全日本卵価安定基金と合併(日鶏協を存続団体とする吸収合併)することを決めた。

 農林水産省は昨年末、平成23年度から日本養鶏協会を事業実施主体とした『鶏卵生産者経営安定対策事業』の価格差補てん事業について、事業体制の見直しを行ない、平成24年10月をめどに承認法人(従来の2卵価基金)の特例を廃止し、生産者の基金間異動と団体の統合を行なうことを関係団体に説明していた。
 24年度に入り、農水省の指導の下で、日鶏協と2基金の3団体で合併委員会が組織され、5月に2回の委員会を開催し、今後も詰めの作業を行なう予定。6月13日の日鶏協の通常総会では、これまでの合併委員会での進捗状況や今後のスケジュール、合併確認申請書、合併契約書、合併後の日鶏協の定款、確認事項案などを報告し、承認した。それによると、8月中旬までに農水省へ合併の認可申請を行ない、年内には合併の登記を行なって効力が発生するようにしたいとしている。
 (社)全国鶏卵価格安定基金は22日、(社)全日本卵価安定基金は26日にそれぞれ通常総会を開く予定で、この段階で合併の方向が確定する見込み。
 6月14日に開いた(一社)日本鶏卵生産者協会(JEPA)の通常総会に出席した農林水産省食肉鶏卵課の渡邉洋一課長も、3団体の統合に言及し、「鶏卵生産者経営安定事業は、事業主体と生産者が直接契約するスタイルとし、手数料も透明化と効率化を図ってきた。さらに効率化を目指すために日鶏協と2つの基金を10月をめどに統合することになった」などと述べた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。