最新!  底堅い鶏卵、鶏肉相場 鍋物需要などへの期待も(トップ記事-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


新断熱材『トリトンレボ―P』 ヒートストレス軽減 アキレス

2012.06.25発行
 アキレス(株)(中田寛社長―本社・東京都新宿区大京町22−5)は、室内側表面材に樹脂複合シートを採用した農畜産用断熱材『アキレストリトンシリーズ』の新製品『トリトンレボ―P』を、6月1日に発売した。
 『アキレストリトンシリーズ』は、芯材に断熱性能の高い硬質ウレタンフォームを採用した農畜産用断熱材で、豚や鶏、牛を中心とした畜舎の屋根・内外装・天井の断熱効果を高め、「ヒートストレス」から家畜を守ると畜産経営者から高く評価されている。
 新製品『トリトンレボ―P』は、畜産経営者から要望の多かった「さびない断熱材」として、樹脂複合シートを初めて採用した天井用断熱パネル。室内側表面材に樹脂複合シートを採用したことで、家畜のふん尿から発生するアンモニアによるさびを防ぐ。また、同シートは強度だけでなく、柔軟性にも優れているため、高圧洗浄時にも割れにくく、畜舎内の衛生管理が容易にできる。さらに小屋裏側表面材には55%アルミ亜鉛合金めっき鋼板を採用しているため、ネズミによる食害も防止する。
 既存シリーズと同様、「ヒートストレス」の軽減により、家畜の成長を促し、育成率・生産性の向上や飼料コストの削減が期待できる。同社では、初年度の売り上げ目標を1億円としている。
 製品規格は、厚さ30ミリメートル×幅385ミリメートル×長さ最大9メートル。設計価格は1平方メートル当たり6150円(税別)。
 詳細は同社断熱資材販売部ボード・パネル企画課(電03・5379・4566)へ。
 【新製品のトリトンレボ―P】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。