最新!  主要産地の出荷計画は1.0%増 平成29年度ブロイラー(ニュース-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月31日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ヤマショウフーズの本社新社屋が完成 1階に生鮮食品専門店

2012.05.15発行
 成鶏肉の処理加工・販売大手の(株)ヤマショウフーズ(山田和弘社長―本社・福岡県八女市豊福241―2、統括本部・さいたま市北区東大成町1―497、MJ赤柴ビル2階)は、埼玉県上尾市に建設していた本社新社屋・店舗が完成したことから、4月17日に取引先関係者ら約300人を招いて落成記念式典を盛大に開いた。
 新社屋は鉄骨4階建てで、敷地面積は約2818平方メートル(約854坪)、延べ床面積は2981平方メートル(約903坪)。1階には新規事業として取り組む生鮮食品専門店『肉の山正』が入る。第2、第3、第4駐車場を合わせると、総敷地面積は約4996平方メートル(約1514坪)。
 梶谷隆繁常務取締役の開会の辞で始まった落成記念式典の冒頭、プロモーションビデオ「(株)ヤマショウフーズのあゆみ」を上映して、創業から現在までの同社の歴史を振り返った。
 あいさつに立った山田和弘社長は、多数の出席者に謝意を表するとともに、「わが社は昭和14年の創業以来、皆様方の温かいご支援とご協力をいただき、今年で73年の歴史を刻むことができた。この間、戦後の混乱、高度経済成長、バブル経済の崩壊など様々な出来事があり、わが社の業態も大きく変化してきたが、皆様方の絶大なるご支援によって、今日を迎えることができた。
 そして、皆様方から必要とされる会社であり続けるため、さらには日本の農畜産業の未来を育むために、新たな事業に取り組む。畜産業と小売業、農業と小売業、畜産業と農業の一体化を図り、これら3つの業態の心が1つになった時、日本の農畜産業の未来は明るく輝くと私は確信しており、その“時”を目指して生鮮食品専門店『肉の山正』事業を始める。夢の実現に向けてスタートしたばかりのヒヨコであるが、その且橈汲目指してヤマショウフーズの役職員一同、邁進したい」などと述べた。
 多数の来賓を代表して島村穰上尾市長(代読・後藤文男副市長)、武正公一衆院議員(代理・山梨雄基秘書)、渡辺綱一上尾市議会議員、小谷仁上尾商工会議所会頭、日本経済政策研究会の牧原秀樹氏、鈴木憲之智鶏会会長、小山雅也全国食鳥青年同友会「21世紀の会」会長、青野博志(公社)日本青年会議所農畜産部会長がお祝いを述べ、ヤマショウフーズのこれまでの先駆的な取り組みや山田社長の人柄、リーダーシップを称えるとともに、「さらなる発展を祈念する」とした。
 各方面からの祝電が披露され、ヤマショウフーズの久保英俊監査役が同社役員・幹部社員を紹介し、同社の発展に貢献した顧問の平岡平三郎、佐竹純孝、田口久光、気田脇夫の4氏に功労賞が、MJ赤柴ビルの赤柴清オーナーと(有)日野商事の日野俊彦社長に感謝状が山田社長から贈られた。
 ヤマショウフーズ役員と来賓による鏡開きに続き、積田優(公社)埼玉中央青年会議所理事長の発声で乾杯。プロモーションビデオ「(株)ヤマショウフーズのビジョン」を上映して内覧会と食事会に移り、『肉の山正』で販売する畜肉を使った料理や総菜、鮮魚、焼きたてのパンなどが振る舞われた。
 新社屋の2階で行なわれた記念コンサートでは、風船太郎のバルーンショー、Dr・レオンのマジックショー、さいたま市出身の演歌歌手、市川由紀乃の歌謡ショーのほか、演歌歌手の細川たかしがサプライズゲストとして登場。デビュー曲「心のこり」や「北酒場」「矢切の渡し」「浪花節だよ人生は」「望郷じょんから」などのヒット曲を披露して新社屋の落成披露に花を添え、ファインシステム鰍フ田谷博社長の音頭による3本締めで散会した。
 新社屋の1階で新たに取り組む生鮮食品専門店『肉の山正』は、商いの原点である「良い物を仕入れて販売することでお客様に満足していただき、その結果として対価をいただく」――に戻るとの強い信念で4月26日にオープン。
 全国の工場や営業所、世界のネットワークを生かし、鶏肉だけでなく、牛豚も含めた安全で高品質な畜肉を消費者に販売するほか、総菜や鮮魚、酒、パン、産地直送の野菜なども取り扱う。店頭に設けた直売所では農家と一体となって野菜や果物を販売するほか、店舗内のベーカリーでは生地から手作りの焼きたてパンを用意。総菜部門では接客の中から消費者ニーズを吸い上げて商品開発に生かし、親しみやすい商品や調理法、食材への接し方などの提案にも力を入れる。
 このほか、来年度には成鶏処理の主力工場である青森工場を建て替える予定で、最新鋭の処理設備を配置して、衛生・品質管理もより一層徹底する。
 新社屋での業務は4月23日から開始し、本社も福岡県八女市から新社屋の所在地へ移転した。住所と電話・FAX番号は次の通り。
 埼玉県上尾市東町2―9―20 〒362―0031
 電048・871・8683、F048・778・1033
 【ヤマショウフーズの本社新社屋(上)と『肉の山正』の精肉売り場(下)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。