最新!  主要産地の出荷計画は1.0%増 平成29年度ブロイラー(ニュース-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月30日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


6月下旬に三ツ星タマリエ検定 日卵協・ヤングミーティング

2012.02.05発行
 (社)日本卵業協会(羽井紀行会長)のヤングミーティング(松本邦義代表幹事)は1月12日、東京都千代田区のホテルグランドパレスで第6回全国大会を開き、会員企業の若手経営者らが多数出席した。
 松本代表幹事が「震災からの復興やTPPへの加盟など、様々な課題を抱えながら、新しい年がスタートした。このような時こそ、鶏卵業界は一丸となって、諸課題の解決に向けて活動していきたい。
 卵を日本人全員に1日2個ずつ食べてもらうことは容易ではないが、1週間に2個多く食べてもらうだけで、50万トンの市場が新たに創出できる。その実現に向けた活動を、少しずつ具体化させていくことで、消費拡大運動への賛同者もさらに増えてくるのではないか。気持ちを分かち合いながら、進めていければと思う」などとあいさつ。出席者らは、昨年11月5日の『いいたまごの日』の活動内容や、今年6月下旬に実施予定の『三ツ星タマリエ検定』の製作状況、各地の鶏卵情勢などを報告したほか、今年6月6〜8日に愛知県で開催予定の国際養鶏養豚総合展(IPPS)への出展内容、新部会の立ち上げなど新たな取り組みについて協議した。

6月2日はオムレツの日

 ヤングミーティングの席上で、日本シュリンク包装卵協会事務局の久我哲司氏(丸紅エッグ(株)営業企画部課長)は、同協会が中心となって6月2日(0602)を『オムレツの日』と決め、日本記念日協会に申請して承認されたことを紹介した。
 久我氏は「『オムレツの日』の知名度向上と、卵の消費拡大のために、調味料や加工食品の大手メーカーに参加してもらい、『オムレツの会』を設立した。鶏卵の消費拡大への大きなムーブメントとして『オムレツの日』を盛り上げるため、皆さんの参加とご協力をお願いしたい」と述べた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。