最新!  実施主体は日本養鶏協会 29年度の鶏卵生産者経営安定対策事業(トップ記事-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月26日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成23年の相場予想 4氏にニアピン賞

2012.01.25発行
 平成23(2011)年の鶏卵・肉相場は、前半は堅調に推移したが、後半は輸入物の増加などから値下がりし、鶏卵の年間平均価格(東京・JA全農たまごM加重)は前年比9円高の196円。食鳥相場(日経・東京)はもも肉が同23円高の641円、むね肉が同35円高の264円となった。
 本紙では毎年、1月5日付の新年特集号で、業界の有識者の方々にその年の相場を予想していただいているが、14人に占っていただいた23年の鶏卵相場は、(株)ナカヤマエッグの中山真一社長の198円、丸ト鶏卵販売(株)の渡辺良将取締役営業部長の194円が最も近く、9人に占っていただいた食鳥相場は、もも肉は双日食料(株)ミートアンドアグリ部門第一部の大都久義部長(部署と役職は掲載当時)の637円、むね肉はスターゼンミートプロセッサー(株)国産ブロイラーグループの帯川雅弘リーダーの266円が最も近かった。4氏にはニアピン賞を贈呈します。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。