最新!  厚労省と消費者庁 改めて鶏肉の『加熱用』表示求める カンピロ食中毒対策「Q&A」通知(ニュース-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ワンタッチで開封可能な「ファミリートレイ」 日本モウルド工業が11月に発売

2011.10.25発行
 日本モウルド工業(株)(石原昭社長―本社・愛知県安城市三河安城町2−20−1)は、贈答用や持ち帰り用に最適だと好評の20個入りのモウルド「ファミリートレイ」をワンタッチで開封できるようにリニューアルし、11月1日から発売する。
 これまでの「ファミリートレイ」は、卵を載せるモウルドと、フタとなるPETを輪ゴムやホチキスなどで留めていたが、卵を載せるモウルド短辺部に2か所のフック、フタとなるPET短辺部にも2か所のフック穴を付け、ワンタッチで開封できるように改良(特許出願中)したもので、輪ゴムで縛るなどの手間が不要になった。
 また、フタとなるPETの側面の一部をフラット加工に変更。これまでは卵の特長などを表示するには、インパックラベルしか利用できなかったが、PETのフタに直接、印刷したシールを横貼りできるようにしたほか、冷蔵庫に保管した際にモウルド部分が柔らかくならないように、材質を強化したため、段重ねも可能になった(180度回転させて積み上げた方が荷重による破卵をより低減できる)。
 日本モウルド工業は、鶏卵輸送容器の専門メーカーとして昭和31年に創業以来、鶏卵業界と共に発展してきた。最近では、家庭用、業務用、贈答用など、各種パルプモウルド製品の開発にも積極的に取り組み、鶏卵容器の多様化に対応するとともに、青果物パックや工業部品緩衝材の分野にも進出し、着実に実績を積み重ねている。
 同社の加藤常夫取締役営業本部長は、今回のファミリートレイのリニューアルについて、「3Lまでの卵をフリーサイズで20個入れることができるファミリートレイは、贈答用に好評をいただいていたが、難点は輪ゴムなどで留めるひと手間がかかったこと。今回、社内のプロジェクトチームで改良に取り組み、ワンタッチで開封でき、シールも直接横貼りできるようにした。これにより、さらに便利になったことから、年末年始の贈答用などに大いに利用していただきたい」と語っている。
 【モウルド短辺部とPETフタ短辺部のフック穴によりワンタッチで開封が可能に(上)。価格シールの貼付も可能。製品の積み上げは180度回転で(下)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。