最新!  底堅い鶏卵、鶏肉相場 鍋物需要などへの期待も(トップ記事-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


飼料基金の補てんは2100円 生産者の実質負担は約1730円増

2011.10.05発行
 (社)全国配合飼料供給安定基金(全農基金)、(社)全日本配合飼料価格・畜産安定基金(工業会基金)、(社)全国畜産配合飼料安定基金(畜産基金)の3飼料基金は、このほど10〜12月期の補てん額をトン当たり2100円と決めた。
 本紙前号既報の通り、全農や配合飼料メーカー11社(団体)は、9月16日に10〜12月期の配合飼料価格を全国全畜種総平均でトン当たり790円から1000円(加重平均では872円)値下げすると発表したが、7〜9月期に比べて補てん額が減るため、生産者の実質負担は約1730円増えることになる。
 飼料基金によっては補てん財源の枯渇が懸念されていたが、7〜9月期に異常基金から通常基金への補てんが見込まれることになり、財源不足の危機はとりあえず回避された。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。