最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月24日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


来年6月に国際養鶏養豚総合展 6月6日から8日まで名古屋市の「ポートメッセなごや」で

2011.09.25発行
 養鶏・養豚業界の総合展示会『IPPS JAPAN2012(第6回国際養鶏養豚総合展)』が来年6月6日から8日まで、名古屋市の『ポートメッセなごや』で開かれる。
 「良品発見」をテーマに、養鶏や養豚にかかわる最新の機器、設備、資材、情報、サービスなどを一堂に集めて紹介するほか、出展各社によるプレゼンテーション、各分野の専門家による講演会も行なう。
 新たな試みとして、銘柄卵やブランド鶏肉・豚肉の加工品などを一般消費者向けに展示、即売する『フードコーナー』を設けて、畜産物の消費拡大を図る。
 一般消費者の来場を促すため、入場料は300円(3日間有効、前回は1000円)とし、東海地域の各種のメディアを使ったPR活動も来年以降順次行なうとのこと。会場はポートメッセなごや第3展示館の全館を使用し、3日間で延べ2万人(前回は1万5000人)の来場者を見込む。入り口での靴底や手指の消毒などの衛生対策も徹底する。
 主催は国際養鶏養豚総合展運営協議会((社)中央畜産会、(社)日本養鶏協会、(般)日本養豚協会、中央畜産会施設・機械部会会員企業で構成)で、運営協議会会長は中嶋君忠(株)中嶋製作所社長。後援は農林水産省、愛知県、名古屋市。協賛は全農、全鶏連、日鶏連、(社)日本種鶏孵卵協会、(社)日本食鳥協会、(社)日本卵業協会、(般)日本鶏卵生産者協会、日本養豚事業協同組合、(社)日本動物用医薬品協会、(協)日本飼料工業会。事務局は(社)中央畜産会内。
 9月13日に都内で開いた記者説明会では、運営協議会の村田良樹副会長(東西産業貿易(株)社長)が、「21世紀に入り、養鶏・養豚業界は少子高齢化、人口減の時代のなかで発展を続けなければならない。この環境下で2012年のIPPSでは、ポートメッセなごや第3展示館の全館を使用し、各種の銘柄卵やブランド鶏肉・豚肉などの展示、試食、即売を行ない、消費を喚起する企画を進めている。ぜひ前回同様に成功させたい」とあいさつした。

10月3日から出展を募集

 同展運営協議会は10月3日から12月16日まで、第6回国際養鶏養豚総合展への出展企業を募集する。
 小間数は600小間で、1小間は3メートル×3メートル。1小間当たりの税込み価格は、1〜5小間は19万5000円。6〜10小間は17万5000円。11〜20小間は16万5000円。21小間以上は15万円。詳細な出展規定を含めた出展案内は、関係企業に順次発送している。
 問い合わせは事務局((社)中央畜産会内、電03・6206・0846、Eメール=ipps2012@sec.lin.gr.jp)の大谷、砺波の両氏へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。