最新!  鶏卵・鶏肉関連機器が多数出展 FOOMA JAPAN(ニュース-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月26日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


エッグマルチテスタEMT―7300 JA全農たまごが新発売

2011.09.15発行
 JA全農たまご(株)(福田雅之社長―本社・東京)は、卵質測定器の新型「エッグマルチテスタ〈EMT―7300〉」【写真】を9月1日に新発売した。
 「エッグマルチテスタ」シリーズは、同社が1996年に国内で初めて発売した卵質測定器で、15年間の累計販売台数(EMT5000とEMT5200の合計)は650台にのぼる。新型「エッグマルチテスタ〈EMT―7300〉」は「より正確に、より使いやすく」を目指し、同社と東北リズム(株)、ロボットメーション(株)が共同で研究・開発した。主な特長は次の通り。
 (1)キャリブレーション機能を搭載=較正ゲージキット(別売り)を使用することによって、ユーザーサイドでの各種センサーの確認や軽微な数値補正、データ保存が可能。これによりメーカーで行なっていた調整にかかる費用や時間を軽減できる。
 (2)新技術を採用=卵黄色の測定を、ハロゲンランプからLEDに変更したことによって、より均一な光照射となり、測定精度が向上。また卵白高の測定にレーザーを使用したことで、超濃厚卵白や水溶性卵白の測定が可能になった。
 (3)使いやすさを追求=本体の電源ケーブルを脱着可能とし、プリンター電源も内蔵。スライダ開放部の幅も広くなり、測定が容易になった。
 さらに測定する卵の個数を任意とし、最大100個まで測定できるほか、接続ソフト(別売り)を使うとパソコンで集計管理ができる。
 測定できる項目は、(1)卵重(30.0〜100グラム未満)(2)卵黄色(1.0〜15.0、全農ヨークカラーチャート準拠)(3)卵白高(1.0〜15.0ミリメートル)(4)ハウユニット値(0.0〜130.0)(5)ランキング(C・B・A・AAの4段階)――で、寸法は幅350ミリメートル×奥行き350ミリメートル×高さ190ミリメートル。重量は14キログラム。
 希望小売価格は63万円(税別)。新発売を記念して、数量限定で特別価格を設定しているとのこと。
 問い合わせは、同社東日本営業本部第1営業部鶏卵課(電03・3950・1181)の野村、田中の両氏、または西日本営業本部第1営業部鶏卵課(電06・6350・8775)の小林氏へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。