最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月27日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


復興を目指し“焼き鳥の輪” 福島県川俣町で川俣シャモまつり

2011.09.15発行
 原発事故の影響から、町内の一部が計画的避難区域に指定されている福島県川俣町で8月27、28の両日、9回目となる「川俣シャモまつり」が開かれた。恒例の「世界一長い焼き鳥」を焼くイベントは中止となったが、最長記録を競い合う山口県長門市、和歌山県日高川町、北海道美唄市、福島県会津若松市などが協力し、初日に各地の鶏肉を1本の串に通した「ジャンボ焼き鳥」作りに挑戦した。
 長さ約10メートルの竹串に川俣シャモのほか、長州黒かしわ(山口)、ホロホロ鳥(和歌山)、北海地鶏(北海道)、会津地鶏(福島)を交互に刺し、日高川町の紀州備長炭で焼き上げた。
 古川道郎川俣町長や、玉置俊久日高川町長らがジャンボ焼き鳥を持ち上げ、“友情の輪”【写真】を作ると、会場からは大きな拍手と歓声が。古川町長は、まつりに駆けつけた各自治体の関係者に感謝の言葉を述べ、川俣町の復興を誓った。焼き鳥は1本500円で販売され、売上金はすべて川俣町への義援金とした。
 2日目の28日は「世界一長い川俣シャモの丸焼き」にチャレンジ。川俣シャモ35羽が鉄串に通され、昨年の14.11メートルを大きく上回る24メートルの新記録を達成した。迫力満点の丸焼きの完成に歓喜の声が上がり、会場は大いに盛り上がった。
 まつりの運営に当たった(株)川俣町農業振興公社の齋藤正博専務は「今年は観客が集まるのか心配していたが、川俣町や川俣シャモを応援しようと、町の内外から多くの方が集まってくださった。会場では例年以上の活気を感じられたし、地域を元気づけられたと思う。川俣シャモの味の良さも伝えられ、有意義なイベントになった」などと語った。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。