最新!  現代によみがえる『卵百珍』 国立情報学研究所と国文学研究資料館がレシピを順次公開中(特集-2017.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


米のセシウム検査 収穫前・後の2段階で、暫定規制値(500ベクレル)超過は出荷制限

2011.08.15発行
 農林水産省は8月3日、東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、平成23年産米の放射性セシウムの検査と出荷制限の概要を発表した。
 原発事故により、政府は土壌中の放射性セシウムが土1キログラム当たり5000ベクレルを超える福島県内の避難区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域の12市町村で、今年の稲の作付けを制限しているが、米の収穫期を前に福島、茨城、栃木、群馬、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、埼玉、静岡、宮城、山形、新潟の14都県で米の放射性セシウム検査を始め、食品衛生法の暫定規制値(玄米1キログラム当たり500ベクレル)を超えた場合は、原則として旧市町村単位で出荷を制限し、廃棄処分する。米の検査は14都県以外の自治体でも実施する見通し。
 同省は、原発事故直後に比べ、大気中の放射性物質の量は落ち着いているため、米に含まれるセシウムは、すでに降り積もった土壌からの吸収が中心になるとみているため、収穫前と後の2段階で検査する。
 まず、農地の土壌中の放射性セシウムが1キログラム当たり1000ベクレル以上か、大気中の放射線量が平常時の範囲(毎時0.1マイクロシーベルト)を超える市町村を対象に、収穫前に米のサンプルを取って予備調査を行ない、濃度が暫定規制値の半分以下の200ベクレルを超えるセシウムが検出された場合、重点調査区域として、収穫後におおむね15ヘクタール当たり1点の試料を詳しく検査。食品衛生法の暫定規制値以下の米は販売が可能となるが、暫定規制値の500ベクレルを超えれば、出荷を停止し、廃棄処分する。ただ、どのような方法で処分するか、その間の保管などをどうするかなどは、関係省庁と詰めて、今後指示することにしている。
 飼料用米についても検査することで詰めているが、飼料用米は、もみ、玄米のほか、稲わらも利用されていることから、サンプル調査を行ない、放射性セシウムの分布を調べることにしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。