最新!  日EU・EPA政府の影響分析 鶏卵『限定的』、鶏肉『なし』(トップ記事-2017.11.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月18日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


「しんたまご」リニューアル 国産飼料米を活用 JA全農たまご

2011.03.15発行
 JA全農たまご(株)(都能正紀社長―本社・東京都新宿区中落合2―7―1)は、発売20周年を迎えたブランド卵「しんたまご」の生産に国産飼料米を活用するなどのリニューアルを行ない、今月から全国のダイエーやサミット、東急ストア、ピーコックストアなどで販売している。
 「しんたまご」は、飼料やひな、農場管理、卵の流通など、生産から販売までを全農グループならではの衛生・品質管理を徹底して生産し、栄養面でも「ビタミンE」「葉酸」を多く含んだブランド卵。生で食べたときのおいしさやプリプリの卵黄、卵白が人気。
 これまで飼料の主原料に輸入トウモロコシを用いていたが、このうち約1割を飼料米に置き換え、日本の食料自給率の向上と、休耕田を活用した環境保全への貢献を追求した。
 リニューアル後も「しんたまご」のおいしさはそのままで、103人の一般モニターによるたまごかけご飯の味覚調査では「総合評価」と「味(コク・甘み・旨味)」の項目で、通常の飼料を給餌した卵よりも10ポイント以上高い評価を得た。飼料米を与えても、栄養素の「ビタミンE」と「葉酸」の含有量は維持している。
 希望小売価格は「しんたまご」10個入(白玉、税込み358円)、赤玉「赤いしんたまご」6個入(同278円)。
 JA全農たまごでは、リニューアルを機に、「おいしい日本キャンペーン」を実施している。「しんたまご」と「赤いしんたまご」に付いている応募券を集めると、お米からパンを作ることができるライスブレッドクッカー「GOPAN」や、新潟県十日町市の棚田の“オーナー”として稲刈りや収穫祭に参加でき、刈り入れたお米は配当米としてもらえる権利「まつだい棚田バンク」などが抽選で当たる。
 詳細はキャンペーン事務局(フリーダイヤル0120・687・768)またはキャンペーンサイト(http://shintamago.com)へ。
 【飼料米使用のしんたまご】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。