最新!  AI国内侵入株 少なくとも5系統 4系統は韓国ウイルスと重複(トップ記事-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月27日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


平成22年の輸入ひなは23%増

2011.03.15発行
 農林水産省動物検疫所は、このほど平成22年(1〜12月)の輸入ひな統計(速報値)をまとめた。
 卵用鶏と肉用鶏を合わせた22年の輸入羽数は70万3798羽で、前年に比べ23.1%増加した。
 卵用鶏のうち、原種鶏はドイツとアメリカの2か国から2万8782羽(前年比42.8%増)。
 種鶏はフランス、ドイツ、ハンガリー、カナダ、アメリカの5か国から15万1819羽(同12.5%減)。
 コマーシャルはフランス、カナダの2か国から2万6229羽(同17.58倍増)であった。
 肉用鶏のうち、原種鶏はイギリス、フランス、アメリカの3か国から21万2475羽(同20.6%増)。
 種鶏はイギリス、フランス、アメリカの3か国から28万4493羽(同42.1%増)で、コマーシャルの輸入実績はなかった。
 国別では、イギリスは前年比9.32倍増の31万8655羽(肉用原種鶏16万533羽、肉用種鶏15万8122羽)。
 フランスは同7.6%減の14万6996羽(卵用種鶏3万5851羽、卵用コマーシャル1023羽、肉用原種鶏1412羽、肉用種鶏10万8710羽)。
 鳥インフルエンザの影響で、昨年は輸入実績がなかったドイツは4万9799羽(卵用原種鶏1万8015羽、卵用種鶏3万1784羽)。
 ハンガリーは同20.7%増の1万1261羽(全量が卵用種鶏)。
 カナダは同36.5%減の7万6329羽(卵用種鶏5万1123羽、卵用コマーシャル2万5206羽)。
 アメリカは同59.5%減の10万758羽(卵用原種鶏1万767羽、卵用種鶏2万1800羽、肉用原種鶏5万530羽、肉用種鶏1万7661羽)であった。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。