最新!  鳥獣類被害対策製品 成和が「鳥獣丸」発売(新製品-2017.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


MS生ワクチン(NBI)接種で生産性と収益性が大きく改善 山口県下関市の(有)上野養鶏場を訪ねて

2011.01.25発行
 MS(マイコプラズマ・シノビエ)は、これまでは鶏に感染しても悪影響を与えないとみられてきた。しかし、最近では鶏群がMSに汚染されることによって、卵の尖端部の卵殻が半透明になったり、卵墜症による産卵率の低下と減耗の増加になることが知られるようになってきた。Mg生ワクチンとMS生ワクチン(NBI)の同時点眼接種で、異常卵が減少し、産卵成績の大幅な改善につながっている(有)上野養鶏場(上野儀治社長―山口県下関市豊北町大字阿川3294)を取材した。
 (詳しくは本紙をお読みください)



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。