最新!  鶏肉は当面高止まりで推移 鶏卵は上昇後、連休明けに下げへ(トップ記事-2017.04.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月23日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


1〜3月期配飼価格 トン約3425円値上げ 飼料基金から3250円補てん

2011.01.05発行
 全農や主要配合飼料メーカー11社(団体)は、去る12月17日に、平成23年1〜3月期の配合飼料価格の値上げを発表した。プライスリーダーの全農の値上げ幅は、全国全畜種総平均でトン当たり3200円。各社(11社・団体)の値上げ幅はまちまちで、11社加重総平均は約3425円。
 配合飼料価格が直前1年間の平均価格を上回った場合に発動する通常飼料基金から、9期ぶりに3250円補てんされるため、実質負担は軽減される。
 配合飼料価格の値上げは、主原料となるトウモロコシ価格など上昇が主因。全農や各社の飼料情勢見通しでも、トウモロコシの価格は「米国の金融緩和政策に伴う大量の投機資金の穀物市場への流入で、現在は1ブッシェル当たり5ドル80セント前後で推移しているが、今後は在庫率が低水準に留まる一方で、輸出などが旺盛なため、堅調に推移するものと見込まれる」としているほか、たん白源の大豆粕も値上がりを見込んでいる。海上運賃は1トン60ドル前後、為替は1ドル84円前後の現在の水準で推移するとみている。
 トウモロコシや大豆粕の配合割合の高い養鶏用の値上げ幅は、全畜種平均を上回るとみられる。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。