最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月20日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵・鶏肉の料理コンクール開催 岐阜県養鶏協会

2007.02.15発行
 岐阜県養鶏協会(大池裕会長)は1月27日、岐阜市細畑の岐阜調理製菓高等専修学校で第7回鶏卵・鶏肉料理コンクールを開いた。
 同コンクールは、岐阜県内の鶏卵・鶏肉の消費促進と食育の推進、正しい知識の普及啓発を目的に、同協会が毎年行なっており、明日の食卓を担う県内の高校生や大学生などの若い人から、鶏卵・鶏肉のアイデア料理を募集している。
 今回のテーマは「発酵食品とのコラボレーション」で、(1)県内産の鶏卵か奥美濃古地鶏のむね肉のいずれか、または両方(2)発酵食品――を使用することが条件。料理部門とデザート部門を合わせて525人から応募があり、第1次審査を通過した23人が第2次(実技)審査に臨んだ。
 厳正な審査の結果、料理部門のグランプリ(岐阜県知事賞)には岩田恵理子さん(県立岐阜高校)の「ころころ芋もち味噌グラタン」、デザート部門のグランプリ((社)日本養鶏協会会長賞)には安藤成美さん(県立東濃実業高校)の「柿ヨーグルトケーキ」が選ばれた。
 審査委員長の小川宣子岐阜女子大学教授は「今年のコンクールは、発酵食品とのコラボレーションという難しいテーマにもかかわらず、大変レベルが高かった。テンペやチーズ、キムチなどが隠し味として使われていた」などと講評した。
 同協会では、第2次審査に残った23作品のレシピ集を作成し、消費者などに配布して広くPRすることにしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。