最新!  AI国内侵入株 少なくとも5系統 4系統は韓国ウイルスと重複(トップ記事-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月29日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


養鶏資材やひなも値上がり? 円安、エサ高などで苦慮

2007.02.15発行
 ユーロやドルなどの為替が軒並み円安となっていることや、鉄鋼製品の値上がり、原油高による輸送コストの上昇などで、養鶏の資材関係者も悲鳴を上げている。
 ユーロは、わずか6年前の2000年の秋には1ユーロ=90円を割り込んでいたが、その後一転して上昇し、2月9日現在は160円手前の158円09銭。2000年1月末と07年1月末の比較では51.7%も上昇している。
 ユーロだけでなくドルも同121円56銭で、同じ2000年1月末と07年1月末の比較では13.5%の上昇。
 このため、ヨーロッパや米国から種鶏やケージなどの設備機器を輸入している各社は、値上がり分を製品価格に転嫁せざるを得なくなっており、イタリアのケージメーカーの日本駐在担当も「本当に困っています」と苦慮している。
 生産者の中にはユーロの上昇による資材の値上がりで、国産設備に変更したケースも出ているが、国産も中国の鉄鋼需要の上昇などから、資材コストが高騰しており、値上げせざるを得なくなっているようだ。
 ひなも、輸入種鶏が値上がりしているうえに、昨年からのエサ高や輸送費の値上がりなどで、初生ひなで5円前後、レイヤーの若めすで50〜60円前後のコスト上昇アップとなっており、値上げは必至とみられている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。