最新!  ぐるなび総研「今年の一皿」に『鶏むね肉料理』 特性と機能性、新しい食スタイルで注目(トップ記事-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月19日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


日向市、高梁市、新富町でもAI発生 相次ぐ感染に危機感募る

2007.02.05発行
 宮崎県清武町のブロイラー種鶏場で高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)の発生が確認されたのに続き、約60キロメートル離れた日向市東郷町の約5万羽のブロイラー農場や、さらに約320キロメートル離れた岡山県高梁市の約1万2000羽の採卵養鶏場でも感染が確認された。さらに1月30日には宮崎県新富町の採卵養鶏場で疑い例が報告され、広範囲にAIウイルスが存在することを裏付けている。いずれの養鶏場も鶏舎に防鳥ネットを装備し、消毒も行なっていたとされ、関係者の間では「本当に感染を防ぐ有効な手段はあるのか」と不安が高まっている。
 【消毒作業を行なう岡山県高梁市の採卵養鶏場(岡山県提供)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。