最新!  ペレタイザー「粒造くん」をタイの8県に納入へ 垣内(新製品-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月25日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


野外における鳥インフルエンザウイルスの消毒 関令二・田村製薬(株)最高顧問 

2007.01.25発行
 第245回鶏病事例検討会が去る12月5日、茨城県つくば市の農林ホールで開催され、田村製薬(株)の関令二最高顧問(獣医学博士)が「野外における鳥インフルエンザウイルスの消毒」のテーマで講演した。高病原性鳥インフルエンザ(AI)の防御対策としては、ワクチンの使用が認められない中では、バイオセキュリティの徹底しかないのが実態。講演では、バイオセキュリティ手法の中心となる殺菌消毒剤のAIウイルスに対する有効性について、海外の文献や資料からAIウイルスの特性などを明らかにしたうえで、北海道大学の喜田教授らとの共同試験で明らかとなった寒冷低温期の消毒のあり方などを示した。今年1月に、宮崎県で再びH5N1型のAIが発生し、改めて消毒のあり方が注目されていることから、講演概要をまとめた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。