最新!  地鶏・国産鶏の普及へ 鶏改良推進中央協議会開催(ニュース-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月23日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


カルピスのカルスポリン EUでも販売開始

2006.11.25発行
 カルピス(株)(石渡總平社長―本社・東京都渋谷区)は、飼料添加物「カルスポリン」を11月中旬から欧州連合(EU)で販売開始すると発表した。
 同社で製造・販売している飼料添加物「カルスポリン」(畜産用プロバイオティクス)は、9月29日にEU食品安全局から鶏用の飼料添加物としての販売許可を取得。製造に関する品質安全管理システム「FAMI―QS(ファミキューエス)の認証も、相模工場(神奈川県相模原市)で11月上旬に取得できることから、EUでのカルスポリンの販売が可能になったもの。
 EUでは、鶏肉生産が盛んなスペイン、イギリス、フランス、イタリア、ドイツなどを中心に、現地代理店のオルファ社(オランダ)を通じて販売する予定。
 カルスポリンは、枯草菌の一種であるバチルス・サブチルスC―3102株を有効成分とし、腸内における有用菌の増加や有害菌(食中毒菌など)の減少、体重の増加、健康体の維持、獣臭(家畜特有の臭い)の削減などが期待される。
 現在、日本以外にも米国、ブラジル、中国、タイ、台湾、韓国などで販売。特に、今年3月に世界最大の食肉加工メーカーであるタイソン・フーズ社が、ブロイラー飼育用に、「成長促進目的としての抗生物質」の代替品として全面的に採用したことによって、販売量が大幅に増大している。
 販売拡大に合わせ、3月には群馬工場(群馬県館林市)にカルスポリンの製造設備を新設し、年間生産能力を従来比約4倍の180トンに高めている。
 同社は、「2010年までに、生菌剤での世界シェア3分の1(約30億円)を目指し、北米やEU、中南米、アジア地域で積極的に販売展開していく」としている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。