最新!  韓国の養鶏産業と処理場(特集-2016.08.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月28日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏卵の最新情報を学ぶ 京都で第3回たまご研究会

2006.09.25発行
 鶏卵の栄養や機能性、鶏や鶏卵にかかわる最新情報などについて共に考える「第3回たまご研究会」(会長−八田一京都女子大学家政学部食物栄養学科教授、主催・京都女子大学、(株)ゲン・コーポレーション、(株)ファーマフーズ)が9月8日、京都市下京区のぱるるプラザ京都で開かれた。
 たまご研究会は、バイオベンチャー企業の(株)ファーマフーズ(金武祚社長−本社・京都市)と(株)ゲン・コーポレーション(渡邉周治社長−本社・岐阜市)、京都女子大学の八田一教授らが、鶏卵の機能性の研究の進展に興味のある人に呼びかけて一昨年に立ち上げたもので、今回が3回目。京都府とNPO法人近畿バイオインダストリー振興会議が後援し、大学や食品・飲料・医薬品メーカーの研究者や、養鶏関係者など、全国から約250人が出席した。
 研究会では、京都産業大学工学部鳥インフルエンザ研究センター設立準備室長の大槻公一教授が「鳥インフルエンザウイルス対策の最前線」(座長=兒玉義勝(株)ゲン・コーポレーションゲン免疫研究所所長)、(株)ナベルの南部邦男社長が「ナベルは割らない―高速非破壊検査―」(座長=佐久間正幸京都大学大学院農学研究科教授)、(株)ファーマフーズ営業部の岸田美香係長が「“葉酸たまご”その後の展開」、キユーピー(株)研究所健康機能R&Dセンターの吉田一也センター長が「鶏卵の機能性の追求」(座長=大東肇京都大学大学院農学研究科教授)、カナダ・アルバータ大学のジェオン・S・シム名誉教授が「コロンブスの卵とその世界戦略」(座長=上野竹生(株)ファーマフーズ常務取締役)について、それぞれ講演した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。