最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月19日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


国産チキンの良さをもっと知って! 水戸市で国産チキンシンポジウム

2006.08.25発行
 (社)日本食鳥協会(芳賀仁会長)は7月27日、茨城県水戸市の水戸市市民会館で「知って安心、おいしく食べよう〜国産チキンシンポジウム2006〜」を開き、一般消費者ら約100人が参加した。
 シンポジウムは、国産鶏肉の安全・安心に関する正しい知識や情報を消費者に提供し、栄養や健康面での鶏肉の役割をアピールして、消費の拡大を図ろうと、農林水産省生産局と(独)農畜産業振興機構、(財)日本食肉消費総合センターの後援を得て開いたもの。
 フリーアナウンサーの好本恵氏の司会で進められたシンポジウムでは、国産チキンに関するさまざま質問を参加者に出して、アナライザーシステムを活用して回答数を瞬時に集計し、正解率をスクリーンに表示した。
 第1部の「知って安全・安心 鶏肉の基礎知識」では、大阪府立大学大学院の向本雅郁助教授と芳賀会長が、第2部の「国産チキンの栄養と健康に良い料理法」では、東京学芸大学の宮崎義憲教授と料理研究家の金子ひろみ氏、芳賀会長が解説した。
 【約100人の消費者らが参加した国産チキンシンポジウム】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。