最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月25日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ブロイラーは1.2%増、成鶏0.9%増 17年度の食鳥検査

2006.08.15発行
 厚生労働省は7月31日、平成17年度(17年4月から18年3月まで)の「と畜・食鳥検査に関する実態調査」をまとめた。
 17年度の食鳥処理羽数は7億1247万2621羽で、前年度比101.1%であった。
 このうち、ブロイラーは6億1868万1499羽で同101.2%(大規模処理場での処理が6億440万5800羽で同101.5%、認定小規模処理場での処理が1427万5699羽で同90.7%)。
 成鶏は9179万5806羽で同100.9%(大規模処理場が7338万4923羽で同99.4%、認定小規模処理場が1841万883羽で同107.6%)で、認定小規模処理場の伸びが目立っている。
 その他(アヒルと七面鳥)は199万5316羽で同99.9%(大規模処理場が38万874羽で同104.4%、認定小規模処理場が161万4442羽で同99.0%)。
 処理場数は、大規模処理場が167場で、前年度(174場)から7場減少した。認定小規模処理場は2647場で、前年度(2823場)から176場減少した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。