最新!  卵アレルギー発症予防で提言 医師の管理下で生後6か月から微量ずつ食べさせる 日本小児アレルギー学会(トップ記事-2017.06.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月28日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


排ガス量をさらに削減 ドイツ・バイエル

2006.08.15発行
 バイエル社(ヴェルナー・ヴェニンク社長−本社・ドイツ)は、生産量が増加したにもかかわらず、引き続き排ガス量を大幅に削減し、2005年にさらなる環境改善を達成したことを明らかにした。
 2005年のバイエルの販売量は9%増大したが、技術改善と構造改革を進めた結果、温室効果ガスの直接排出量は前年比で7%減、エネルギー消費量は10%減となった。特に、窒素、有機化合物、重金属、無機塩を中心に、廃水に含まれる化学物質が顕著に減少したとのこと。
 ヴェニング社長は、「バイエルにとって、成功とは単に統計や成長率で測定されるものではない。わが社は経済性、環境保全と社会的な責務を調和させたいと考えている。
 そのためには、業界において技術的、経済的に主導的地位を獲得すると同時に、環境保全と社会的責任の分野の規範になる必要がある。『持続可能な発展報告書』の最新版には、バイエルクループ社員と社会のニーズに応えようとする取り組みと、環境保全と省資源のためのわが社の活動が記録されている」などと語っている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。