最新!  29年4〜6月期1700円補てん 配合飼料3基金(ニュース-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月17日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


「たまご屋さんのたまごごはん用醤油」を新発売 全国たまご商組と東京鶏卵事業祖

2006.04.15発行
 全国たまご商業協同組合(飯塚信夫理事長)と東京鶏卵事業協同組合(新海英一理事長)は、群馬の正田醤油(株)と共同開発した「たまご屋さんのたまごごはん用醤油」を新発売した。
 「たまご屋さんのたまごごはん用醤油」は、昨年からブームになっている『たまごかけごはん』に着目し、鶏卵流通業者の側から老舗の醤油メーカー「正田醤油」に働きかけて、たまご屋さん専用に開発してもらったもの。
 醤油をベースに水あめ、食塩、かつおぶし、こんぶエキス、アルコールなどでまろやかな味となった「たまご屋さんのたまごごはん用醤油」は、(1)化学調味料や合成保存料などが無添加(2)色が薄いため、卵の色がそのまま残る(3)卵の旨味を引き立たせる(4)醤油臭さがなく、まろやかなかつお風味で美味しく味わえる――が特徴。使用方法は、たまごごはん1杯に小さじ1杯くらいたらすとよい。このほか、クルクルたまごごはんCDに商標登録された『クルたま王子とクルたま姫』の絵が印刷されており、CDやグッズの人気が出れば、醤油の注目度も高まることが期待されている。
 たまご陳列棚に並べて置けるよう、一瓶が100mlのミニサイズとなっている。末端小売価格は226円(消費税込み)。
 両組合では、これによって卵の拡販と業界の活性化につなげたいとして、鶏卵流通業者に取り扱いを呼びかけている。
 「たまご屋さんのたまごごはん用醤油」の発送単位は、5ケース単位(1ケース=100mlの醤油6本入りの化粧箱が12箱)。問い合わせ、申し込みは全国たまご商業協同組合(電03・3297・5600)または東京鶏卵事業協同組合(電03・3297・5521)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。