最新!  ハイテムが性能アップした新トンネル換気『Pプラス』開発 冬期3ゾーンコントロールに静圧制御をシステム化(新製品-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年06月28日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


天然薬草液体調味料「味のゴールイン」発売 無料お試しキャンペーン中

2006.04.05発行
 (有)味のゴールイン(鎌田義雄社長−本社・横浜市磯子区坂下町1−40)は、さまざまな食品に利用できる新しいタイプの天然薬草液体調味料「味のゴールイン」を開発し、このほど本格販売を開始した。
 同社は、神奈川県西丹沢にある中川温泉郷の源泉を「100%天然の飲用温泉水」として開発したメーカーで、そのノウハウを活かした天然のミネラル温泉水を主原料にしている。
 新商品は、ミネラル豊富な飲用温泉水に、アロエ・ゴーヤ・ウコン・ドクダミ・ニンニク・コンブ・ショウガの7種類の天然素材をブレンドした液体調味料で、醤油やソースなどの味覚として加える美味しさとは別の、食材が本来持っている風味や食感を最大限に引き出す。そのため肉はふっくらとした食感を持続して、冷めてもパサつかず、かたくならないとのこと。
 主な利用方法としては、煮る、焼く、炒めるなど、食材を熱処理する段階で、「味のゴールイン」を加えるだけ。
 肉類を焼く場合は、霧吹きで肉の表裏にそれぞれ2、3回吹き付けてから焼くだけで、マイルドな食感になるという(吹き付けたあと1時間ほど寝かせたり、ボウルなどの容器に浸して30分ほど漬け込むとさらに効果的)。「できあがった料理に、霧吹きで味のゴールインを吹き付けて、電子レンジで温めても効果的である」(鎌田社長)という。
 煮物や鍋物の場合は、味のゴールインを食材の重さ(水や材料の合計)の5%前後加えると、塩気がマイルドになり、一緒に入れた野菜などのうま味までもが引き出され、全体の風味がよくなることから、ダシとしても効果的であり、日常使用している調味料などとも併用できる。
 賞味期限は冷蔵で1年。標準小売価格は5リットル3,000円(税別)、20リットル1万円(業務用などで大量に購入する場合は、価格の相談に応じるとのこと)。
 姉妹品として、塩を配合した「塩のゴールイン」もある。
 同社の鎌田社長は、「まずは試してみてほしい。必ず効果を実感していただけるはずである」と新商品に絶対の自信を見せている。
 同社では現在、新商品の発売を記念して、サンプル(1リットルを3本)を無料(送料も無料)で進呈する『サンプル無料お試しキャンペーン』を実施している。
 キャンペーンへの申し込み、および問い合わせは、(有)味のゴールイン(電045・751・9270、F045・754・8437)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。