最新!  鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き(特集-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


米国の100万羽以上の採卵企業65社で88%

2006.03.25発行
 米国の「エッグ・インダストリー」誌は、2006年1月号に、05年12月31日現在で採卵鶏を100万羽以上飼養している企業のランキングを掲載した。
 100万羽以上を飼養している企業は65社で、合計羽数は2億4,832万1,386羽。この65社で全米の採卵鶏羽数・約2億8,000万羽の約88%(前年は62社、約84%)を占めている。
 1,000万羽以上を飼養しているのはカルメイン・フーズ(2,383万6,000羽)、ローズ・エーカー(1,750万羽)、モーアク(1,420万羽)、マイケル・フーズ(1,400万羽)、スパボー(1,250万羽)の5社。
 トップ3の順位とトップ7の顔ぶれは、03年以来変わっていない(6位のライト・カントリー・エッグ・プロダクションは以前のデコスター・エッグ・ファーム)。また前年13位のゴールデン・オバール・エッグズが、8位に浮上した。
 トップ10の企業が飼養する採卵鶏の合計羽数は1億2,000万羽を上回り、全米の採卵鶏羽数の約43%(前年は約42%)を占めている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。