最新!  ナベルケースパッカー『SMART Cube CP』開発 卵パックを自動で箱詰め(新製品-2017.11.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年11月24日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


原種鶏や種鶏のストップ心配 AIでの輸入停止

2006.03.15発行
 農林水産省は3月1日、旧ソ連のアゼルバイジャンとアフリカのニジェールからの家きんや家きん肉などの輸入を一時停止した。9日には東欧のアルバニアからの輸入も停止した。各国からOIE(国際獣疫事務局)に鳥インフルエンザ(H5N1)の発生が報告されたことから、わが国への侵入防止に万全を期すために停止したもの。過去5年間、3国からの輸入実績はない。
 農林水産省が9日現在、鳥インフルエンザの発生によって、生きた家きんや家きん肉などを輸入停止している国(州単位を含む)は32か国。
 アジアでは香港、マカオ、ベトナム、タイ、インドネシア、カンボジア、ラオス、パキスタン、中国、マレーシア、北朝鮮、フィリピン、モンゴル、インド。
 東欧や中近東はロシア、カザフスタン、ウクライナ、トルコ、ルーマニア、イラク、アゼルバイジャン、アルバニア。
 ヨーロッパはイタリアとフランス。
 アフリカは南アフリカ、ジンバブエ、ナイジェリア、エジプト、ニジェール。
 北中米は低病原性のため、アメリカとカナダ、メキシコの一部の州。
 今年に入って、ヨーロッパ各国で野生の白鳥やカモなどがH5N1の高病原性鳥インフルエンザに感染して死亡していることが報告されている。家きんへの感染が確認されると、輸入停止措置となるが、特にヨーロッパからは、レイヤーやブロイラーの原種鶏、種鶏がが輸入されており、わが国の養鶏産業の存立をも危うくしかねない、と心配されている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。