最新!  ペレタイザー「粒造くん」をタイの8県に納入へ 垣内(新製品-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月23日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


オイスカ四国三豊支局がアンコールワットで植林 シハモニ国王が善意に感謝

2006.03.05発行
 (株)森孵卵場(本社・香川県観音寺市大野原町大野原1834)の森英雄社長は、植林ボランティアのため昨年11月にカンボジアを訪れ、首都プノンペンの王宮でノロドム・シハモニ国王に謁見した。
 森社長は、“農業を通じた人づくり・国づくり”を目指して、アジア太平洋地域の国々で農村開発協力や人材育成、環境保全、国際理解・教育などを行なう(財)オイスカのボランティア活動に参加している。
 森社長が会長を務めるオイスカ四国三豊支局では、交友のあるカンボジアのリ・トッチ元農業開発大臣から、不法な伐採や焼き畑農業によって森林資源が枯渇して、世界遺産「アンコールワット」の遺跡の荒廃が進んでいることを聞いたため、17年度の総会で、アンコールワット周辺での植林を五年計画で実施することにしたもの。
 昨年11月19日から24日の日程で行なった「アンコールワット植林ツアー」はその第1弾で、森社長は一行19人の団長として参加した。現地では、カンボジア政府の関係者や付近の住民、子供たち約五百人とともに、約4,000本の苗木を植えた。カンボジア政府などは植林ツアーに大歓迎し、植林地を「オイスカ森林公園」と命名したほか、リ・トッチ元農業開発大臣の配慮によって、一行19人のシハモニ国王への謁見が実現した。
 森社長は「シハモニ国王にお目にかかり、団長としてあいさつする機会に恵まれ、誠に光栄であった。緊張も極致に達した状況で『私たちは今後五年間植林を続け、アンコールワット周辺の緑の復活に一役買いたい』と申し上げると、『皆さんの善意に感謝し、日本とカンボジアの友好関係がさらに深まることを願います』とのお言葉を賜った。小さいながら穏やかで、心に染み入るようなお声であった。全員での記念撮影になっても、口の中はカラカラで、なかなか心臓の鼓動が治まらなかった。太平洋戦争もはっきり記憶にある私であるが、生涯最大の緊張のひと時であった。この場で死んでもいいとまで思ったほど感動した」と、謁見した感想を語っていた。
 【シハモニ国王(右)から感謝の言葉を受ける森英雄氏(左)】



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。