最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月27日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


東北牧場に特別賞 17年度の畜産大賞表彰式

2006.03.05発行
 平成17年度の畜産大賞業績発表・表彰式が2月6日、東京・港区の虎ノ門パストラルで開かれ、関係者ら約260人が出席した。
 同大賞は、畜産業の発展を図るために、(社)中央畜産会(小里貞利会長)が毎年開いているもの。「経営」「地域畜産振興」「研究開発」部門の48事例の中から、最優秀賞3点と、優秀賞・特別賞6点が選ばれ、さらに最優秀賞の中から、(社)葛巻町畜産開発公社(中村哲雄理事長−岩手県岩手郡葛巻町)が畜産大賞を受賞した。地域の特徴や先進的な酪農技術を生かして、酪農家への支援や人材育成、農業体験活動などに取り組み、町を「東北一の酪農郷」に発展させたことなどが評価された。
 本紙関係では、(有)東北牧場(九十九ひろ子社長−青森県上北郡東北町新舘有野部1−3)が地域畜産振興部門の特別賞を受賞した。地域の資源を最大限に活用して、安全・安心な畜産・農産物の生産に取り組んでいることなどが評価された。
 主にサラブレッドなどの軽種馬を生産・育成・調教する東北牧場は、平成12年に採卵養鶏を始め、現在はボリスブラウンを約400羽飼養している。
 2棟の平飼い鶏舎に200羽ずつ収容し、1u当たり0.5羽ときわめて低い飼養密度になっている。有精卵を生産するために、雌10羽に対して雄1羽を混飼しているほか、止まり木の導入や野菜の常時給与など、鶏の生理生態に適した飼い方に努めている。
 生産された鶏卵は「身土不二」(しんどふじ)の名称で、インターネットなどを通じて消費者に直接販売しているほか、一部は関連会社のレストランでも使用している。
 鶏糞は堆肥化し、軽種馬牧場から出る馬糞とともに、有機野菜の栽培に利用している。
 今春には、青森県農林総合研究センター畜産試験場(北村収場長)の養鶏部が新たに作出した「あすなろ」鶏を導入する予定とのこと。
 表彰式では、小里会長から受賞者に表彰状やトロフィーなどが贈られた。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。