最新!  鶏卵生産者経営安定対策事業は49億円 飼料用米の交付金も継続 農水省の概算要求(トップ記事-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月21日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


エサならしに強い新ホッパーフィーダー 東洋システムがサルメット社との共同開発を強化

2006.02.25発行
 東洋システム(株)(安田勝彦社長−本社・岐阜県各務原市金属団地97−4)は、エサトラフ内に残ったエサに、新しいエサをますきり原理で追加し、きれいなエサならしをするシンプルな新ホッパーフィーダー「レベルフィーダー」を開発した。
 同社は、日本の養鶏現場の生の声を大切にし、ドイツのサルメット社との連携を強化して各種のレイヤー設備を研究開発している。「レベルフィーダー」も両社で共同開発したもので、1号機と2号機を、昨年6月に中部地区の農場に納入し、フィールドでの実証データを集めてきた。この実証データを折り込んだ3号機を近く関西地区に納入する。
 同社では、エサトラフの先端をステップ形状とし、多段式ケージの管理をやりやすくしたステップトラフを仕様の中に加えている。「レベルフィーダー」は、このステップトラフを走行レールとして使用し、トータルケージシステムとしてのコストダウンもねらっている。
 製品に対するユーザーレベルの要求は日本が一番高く、かつ厳しいとあらゆる業界で言われているが、東洋システムでも、現場の生の声、要求を大切にして積極的に研究開発に取り組みたいとしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。