最新!  日本の総人口、6年連続で減少(ニュース-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


MS生ワクチンでセミナー NBIと日本全薬工業が鹿児島、東京、盛岡で

2006.02.25発行
 日本バイオロジカルズ(株)(本社・栃木県宇都宮市松原1−2−9)と日本全薬工業(株)(福井邦顕社長―本社・福島県郡山市安積町笹川字平ノ上1−1)は、待望のMS(マイコプラズマ・シノビエ)生ワクチン(NBI)の発売を記念して、2月に全国3か所でセミナーを開催した。
 2月7日の東京会場(東京・元赤坂、明治記念館)には、地域の養鶏関係者ら約150人が出席し、MS生ワクチン(NBI)への関心の高さがうかがわれた。
 主催者を代表して、日本バイオロジカルズ(株)の所源亮取締役が、発売に至った経緯などについてあいさつした後、オーストラリア・バイオプロパティーズ社グループテクニカルマネージャーのグレッグ・アンダーウッド博士が「MS生ワクチン(NBI)MS−H株(温度感受性)開発の経緯」、日本バイオロジカルズ(株)の関屋幸男研究開発本部長が「新発売MS生ワクチン(NBI)について」、メキシコ・アビメックス社テクニカルディレクターのアーネスト・ソト博士が「メキシコにおけるMS生ワクチン(NBI)を用いたMS感染症対策の経緯」について、それぞれ講演した。
 MSの生ワクチンが日本で初めて発売されるとあってか、出席者の関心も非常に高く、講演終了後にも同ワクチンへの質問が次々に出されるなど、活発な質疑応答が行なわれた。日本全薬工業(株)の高野恵一取締役スワインアンドエイビアン事業本部長が、多数の関係者の出席にお礼を述べてセミナーを終えた。
 発売記念セミナーは、2月6日に鹿児島・溝辺町のかごしま空港ホテル、9日には岩手・盛岡市のホテルメトロポリタン盛岡でも開催された。
 MS生ワクチン(NBI)の用法・用量は、37度C以下の微温湯中ですばやく融解した後に、添付の点眼用器具を付け、よく撹拌しながら、3週齢以上の鶏に1羽当たり1滴(0.03ml)を確実に点眼接種する。
 発売は3月中旬の予定。詳細は日本バイオロジカルズ(株)(電03・3478・3870)または日本全薬工業(株)AB事業部(電024・945・2390)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。