最新!  防疫対応のさらなる強化へ 薬剤耐性対策も強化 平成29年度家畜衛生主任者会議(トップ記事-2017.05.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月23日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


茨城のAI 移動制限をすべて解除 8農場の鶏の処理方法は未定

2006.02.15発行
 茨城県は2月3日午前零時で、昨年12月に鳥インフルエンザの抗体を確認した茨城町の38例目の農場を中心とする移動制限を解除した。
 昨年6月の発生以降、県内12か所で次々に設けられてきた移動制限区域は、これによってすべて解除されたことになる。これまでの県内の移動制限対象農場は119農場、約794万羽(埼玉県を加えると212戸、約797万羽)。
 茨城県を中心とする鳥インフルエンザの発生被害は41農場、約612万羽で、このうち約336万羽が殺処分の対象となった。
 監視対象となっていた八農場の約253万羽については、2回のおとり鶏の抗体・ウイルス検査で、いずれも陰性が確認され、鶏の移動が可能になった。陰性が確認された農場の鶏についても、防疫の観点から早期の処理が望ましいとされ、3月末までの処理をメドに検討されているものの、未だ処理方法は決まっていない。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。