最新!  成鶏めすは1.1%増の1億3610万羽 平成29年2月1日現在の畜産統計(トップ記事-2017.07.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月22日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ユビキタスIDコードを卵殻に印字 トレサビシステムが札幌で実用化

2006.02.05発行
 東洋インキ製造(株)(佐久間国雄社長―本社・東京)は、このほど生活協同組合コープさっぽろ(松村喬理事長―本部・札幌市)、ユビキタスID(株)(富山広己社長―本社・東京)と共同で、ユビキタスIDコード(UCODE)をインクジェット用可食インキを使って卵殻に直接印字するトレーサビリティシステムを開発し、去る12月22日からコープさっぽろが販売する鶏卵で実用化した。
 卵殻に賞味期限を印字するシステムはすでに実用化されているが、コンピュータネットワークによってインクジェット印字機器を直接制御して、ユビキタスIDコードを卵殻に印字するトレーサビリティシステムの実用化は、今回が初めて。平成17年度は(株)鈴木農園(鈴木秀巳社長―本社・函館市)と(株)ホクリヨウ(長内大介社長―本社・札幌市)が生産する鶏卵でシステムを運用し、十八年度からはホクレン農業協同組合連合会(本所・札幌市)も参加する。
 今回実用化されたトレーサビリティシステムは、卵殻に印字された5ケタの数字をコープさっぽろのホームページに入力すると、パック詰めしたGPセンターや生産農場、鶏舎、鶏の育成農場、成鶏移動日、使用した飼料、鶏種などの生産情報を検索できるもので、携帯電話での利用も可能とのこと。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。