最新!  実施主体は日本養鶏協会 29年度の鶏卵生産者経営安定対策事業(トップ記事-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月26日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ブロイラーへのバイオモス添加効果でセミナー オルテック・ジャパン

2006.01.25発行
 オルテック・ジャパン(東京都港区芝2−3−3)は去る12月8日、東京・武蔵野市の日本獣医畜産大学で「ブロイラー腸健康ワークショップ」を開いた。
 同ワークショップは、同社が発売している混合飼料『バイオモス』の効果を実際に目で見てもらおうと開いたもので、ブロイラーインテや飼料メーカーの担当者らが参加した。
 “腸の健康はなぜ大事か”をテーマに講演したオルテック社のアズイ ズ・サクラニィー家禽技術ディレクターは、『バイオモス』の特徴や効果などについて説明し、「腸壁は病原菌などから常にチャレンジ(攻撃)を受けているため、病原菌の侵入防止にエネルギーを使うと、その分、飼料要求率や歩留まり、処理効率などに悪影響を及ぼす。ブロイラーの生産コストの70%はエサ代といわれているため、腸を最適に動かしてエサの吸収率を上げることで、コストの削減、つまり利益につながる。
 抗生物質を使わない畜産物への要望が消費者から高まる中で、抗生物質を使わずに腸の健康を保つには、衛生管理を徹底して病原菌の侵入を最小限に防ぐとともに、プロバイオ、プレバイオ、酵素、有機酸などを用いて、腸内の免疫活性を健康な状態で上げる必要がある。我々の『バイオモス』は、腸内に有用菌を植え付け、病原菌が増殖しにくい環境を作ることなどの効果が期待できる」などと述べた。
 講演終了後には、同大学で『バイオモス』を飼料に添加して試験飼養したブロイラーと無添加(対照区)のブロイラーを解剖し、腸の長さや強さ、腸内の未消化のエサの量、内臓の状態などを比較して、『バイオモス』の効果を確認した。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。