最新!  知多養鶏農協 設立50周年を盛大に祝う(ニュース-2017.12.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月19日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


オイルバックスNB2GR発売 化血研

2005.12.15発行
 (財)化学及血清療法研究所(本所・熊本県大窪1−6−1)は、オイルバックスNB2GRを十月五日に発売した。
 種鶏用のワクチンとして発売されているオイルバックスReoの接種率の向上から、同じく種鶏用のワクチンであるオイルバックスNB2Gとの混合が望まれており、その要望に応えて発売したのがオイルバックスNB2GRである。
 同ワクチンは、ニューカッスル病(ND)ウイルス、伝染性喉頭気管炎(IB)ウイルス、伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス、トリレオウイルスを抗原とする種鶏用オイルアジュバントワクチンである。
 主な特長は(1)トリレオウイルス感染症を予防し、ひなの品質向上に貢献(2)移行抗体によって、幼すう期の発症を防御(3)IB対策としてMタイプ(練馬株)とバリアントタイプ(TM―86株)を含む(4)四種類の疾病に対する混合ワクチンのため、注射作業の省力化と鶏のストレス軽減に貢献――などが挙げられる。
 用法・用量は、5週齢以上の鶏の頚部中央の皮下に1羽当たり0.5ミリリットルを注射する。問い合わせは同研究所の営業管理部学術第三課(電096・345・6500)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。