最新!  鶏鳴新聞2000号までの養鶏業界の主な動き(特集-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月17日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


黒酢入りにんにく卵黄 正食研究所が新発売

2005.12.05発行
 にんにく卵黄の製造で40年以上の実績を持つ(株)正食研究所(河野岐社長―本社・鹿児島県南さつま市加世田川畑9644−1)は、好評のにんにく卵黄『にんにくの精』に、アミノ酸たっぷりの黒酢をブレンドした『黒酢入りにんにく卵黄』をこのほど新発売した。
 同社は、日本で初めて『にんにく卵黄』を発売した会社で、昭和37年に発足させた「にんにくの精友の会」には、会費や会則は一切なく、にんにく卵黄を通じて顧客ともっと身近に、友達になりたい、との願いが込められている。
 新商品に使用している福山黒酢(株)の玄米黒酢「桷志田(かくいだ)」は、アマン壷で2年間長期発酵・熟成させたこだわりの品。平成16年度の鹿児島県新ふるさと特産品コンクールで優秀賞を受賞している。
 福山の黒酢に豊富に含まれるアミノ酸は、人間の生命維持に重要な役割を持っていることでも知られている。同社では、「先人の知恵に、さらにもう1つ良いものを加えてみたところ、にんにく臭も気にならなくなり、黒酢の栄養も一緒に摂取できる、一挙両得の商品に仕上がった」と自信を示している。
 『黒酢入りにんにく卵黄』(31粒入り)は1,764円(送料・税込み)。その都度注文する方法のほか、毎月または2か月に1回、自動的に配送される定期コース(約5%値引き)がある。
 問い合わせ、注文は同社(フリーダイヤル0120・52・2915)まで。同社では、にんにく卵黄の製造ラインに若干の余裕があるため、委託生産も行なうとしており、希望者は問い合わせるとよい。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。