最新!  厚労省と消費者庁 改めて鶏肉の『加熱用』表示求める カンピロ食中毒対策「Q&A」通知(ニュース-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月29日(土) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


要監視農場へおとり鶏使用 家きん疾病小委

2005.11.25発行
 農林水産省は11月10日、第17回家きん疾病小委員会を開き、10月下旬以降に茨城県で確認された3例の弱毒タイプのAI対応を協議した。
 32例目と33例目については、これまでの検査(8月28日と9月7日に検体を採取)では陰性が確認されていた。今回、抗体陽性が確認されたものの、検体の採取方法に不適切な部分があったことから、現時点では感染時期を推定することは困難とした。
 このため、引き続き疫学調査を行なうとともに、感染時期を推定するために、処分直前に採取した材料を用いた検査を実施し、抗体陽性率の変化などを確認していくことにした。
 34例目については、これまでの検査の結果からみて最近、ウイルスに感染した可能性が考えられるが、現時点では感染経路は不明で、人や車両の出入りなどの調査を進めることにした。
 32例目と33例目の周辺農場の最近の検査では、陰性が確認されているものの、移動制限区域の農場については、関係者以外の出入りの制限など、徹底した衛生管理を行なうとともに、家畜保健衛生所が立ち入って直接、検査を実施していくべきだとした。
 当面の防疫対応では、ウインドレス鶏舎の鶏は殺処分せず、3か月の要監視下に置き、2週間ごとのウイルス検査を実施することにしていたが、この周辺農場からウイルスが分離されたため、要監視農場に「おとり鶏」を用いることにした。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。