最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年12月19日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


茨城のAI 新たな採卵農場で抗体陽性

2005.11.15発行
 茨城県は、鳥インフルエンザの抗体陽性農場が新たに確認されたと発表した。県によると、10月31日に小川町に続き、11月4日に茨城町、7日には小川町の採卵養鶏場でも確認された。茨城県内で感染が確認されたのは33農場になった(埼玉を含めると34農場)。特に33例目の農場からは8月22日以来、ウイルスが分離されたため、被害を受けた農場だけでなく、周囲の農場も感染の広がりを心配している。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。