最新!  新表示基準、8月末にも施行 加工食品の原料原産地表示 完全施行は2022年4月(トップ記事-2017.08.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年08月17日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


ISO14001を取得 アサヒブロイラー埼玉工場 環境保全への取り組みを強化

2005.11.05発行
 (株)アサヒブロイラー(川崎成美社長―本社・東京都墨田区緑1−26−11)の埼玉工場(芝健一郎工場長―埼玉県日高市大谷沢275)は、10月21日付で環境マネジメントに関する国際標準化規格『ISO14001(2004年版)』の認証を取得した。
 同社の親会社である明治乳業(株)(浅野茂太郎社長―本社・東京)は、「社会との共生を目指した環境対応型企業経営」を推進しており、今年8月までに全25工場と、明治乳業グループ14社でISO14001の認証を取得している。
 この取り組みの一環として、(株)アサヒブロイラーも昨年10月ごろから認証取得に向けた活動を始め、今年7月と9月の2回の審査を経て、(財)日本規格協会から10月21日付で認証を取得した。
 埼玉工場では鶏肉加工品(つくね・だんご・フライドチキン・蒸し鶏・冷凍食品)を製造する過程で、環境保全に関する法規制を順守しながら、(1)省エネルギー(電力・燃料)(2)廃棄物の削減と再資源化(3)省資源(紙類・用水)(4)水質汚濁負荷と大気汚染物質の低減(5)地域社会との共生――を積極的に推進する。
 2007年度までに、電力の使用量を19,200キロワット(05年度は6,400キロワット)、重油の使用量を13,740リットル(同4,580リットル)、水の使用量を8,820立方メートル(同2,940立方メートル)、産業廃棄物の排出量を900キログラム(同300キログラム)、コピー・印刷用紙の使用量を39,000枚(同13,000枚)それぞれを削減するほか、水質基準を順守した排水の排出や、工場周辺の清掃などにも取り組む。
 岡本文一取締役生産本部長は「毎月1回行なっている工場周辺の清掃活動は、近隣住民の方々からも高く評価されている。これまで産業廃棄物として処理していたビニール類などはアスファルトの原料に、動物残さは肥料にするなど、再資源化を図るようにした。
 従業員への教育は、まさにゼロからのスタートであったが、パートも含めた約100人の工場従業員に、月2回の教育プログラムを続けてきたことで、環境への意識も高まってきた。このため、1回目の審査では35項目の改善点を指摘されたものの、2回目の審査では指摘されなかった。
 従業員と一緒になって、地球環境の保全に前向きに取り組んでいきたい」などと語った。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。