最新!  存続の危機≠フウズラ産業 減少続ける養鶉農家 上昇するコストの転嫁が課題(特集-2017.10.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年10月19日(木) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


品質は年々向上 都卵協の17年度鶏卵品質検査

2005.10.15発行
 (社)東京都卵業協会(辻本勲男会長)は10月3日、17年度の鶏卵品質検査の結果を公表し、「年々、鶏卵の品質向上がうかがえる」とした。
 同検査は、都卵協の検査部員や役員が購入したMサイズ30パック、特殊卵41パックを、8月28日にJA全農たまご(株)(本社・東京都新宿区下落合)の協力と、(社)日本卵業協会の森尾篤副会長の立ち会いで卵重、ハウユニット、卵黄色を検査したもの。
 農水省規格では、Mパックには、鶏卵1個の重量が58g以上、64g未満の卵を詰めることになっている。今年の検査では、10個の中に最低の58gを下回ったものが数例あったものの、総重量平均は613gであった。最低水準となる580gを下回ったものはなかったが、600g未満が6銘柄あった。
 ハウユニットについては、昨年はLパックの平均が67.3であったが、今年はMパック平均で70.9、特殊卵も同70.6(米農務省=USDAランクでAランク)となり、単純に比較はできないものの、平成12年に賞味期限の表示が義務化されて以来、全体的に品質の向上がみられる。
 卵黄色は年々濃くなる傾向にあったが、今年はMパックの平均が11.22、特殊卵が同12.19で、ここ2〜3年は安定した数値(12〜12.5)で推移している。
 都卵協の検査部では、「検査結果からは年々、鶏卵の品質向上がうかがえるが、昨年は山口、大分、京都でH5N1型の鳥インフルエンザ、今年は茨城、埼玉でH5N2型の鳥インフルエンザが発生し、生産者はいつ、どこで感染するか、毎日が恐怖のことと思われる。政府は卵を食べても健康に問題はないとPRしているものの、『不安』を感じる消費者もおり、流通業界としても常に清潔と衛生管理を心がけなければならない」としている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。