最新!  8月の補てん5.103円 鶏卵価格差補てん(ニュース-2017.09.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月24日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鳥インフルエンザ高度防疫システム 前川製作所と境食鳥が共同開発、生鳥集荷段階の防疫対策を徹底

2005.10.15発行
 (株)前川製作所(岩出功社長―本社・東京都江東区)と成鶏処理の大手、(株)境食鳥(倉持忠社長―本社・茨城県猿島郡境町)は、採卵養鶏場に絶対の安心感を与えるため、懸鳥工程前に当たる生鳥集荷段階での『鳥インフルエンザ(AI)高度防疫システム』を共同開発した。
 同システムの開発に当たっては、両社がチキン処理工場や食肉センター、ホタテ貝柱工場、消費地水産卸市場内生マグロ競り場などで長年培った、各種生鮮食品の安全と安心を確保するための“知恵と技術”をすべて結集するとともに、クリーンゾーンや立ち入り禁止区域の設定、人とモノの出入りの一方通行、全集荷器材の一括保管・管理などの基本コンセプトを採用した。
 同システムは、「生鳥集荷用コンテナライン」「集荷車両(トラック)ライン」「集荷作業者・集荷器材ライン」の3つで構成されており、各ラインは洗浄・消毒の防疫対策を徹底している。
 問い合わせは、(株)前川製作所関東総研グループの斉藤敏美氏(電03・3643・2828)、同広報室の大道諒輔氏(電03・3642・8185)、(株)境食鳥の倉持武取締役部長(電0280・87・0038)、同鈴木竹夫取締役工場長(電0280・87・7504)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。