最新!  ペレタイザー「粒造くん」をタイの8県に納入へ 垣内(新製品-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月24日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


横浜でバイオジャパン05 アリジェン、協和発酵など出展

2005.09.25発行
 バイオテクノロジーの発展と産業化の振興を目的にした『バイオジャパン2005ワールドビジネスフォーラム』が9月7日から9日までの3日間、横浜市みなとみらいのパシフィコ横浜で開催され、多数の来場者でにぎわった。
 同展は、わが国最大の総合国際バイオイベントで、主催は(財)バイオインダストリー協会、(財)ヒューマンサイエンス振興財団など、バイオ関連7団体によって構成されるバイオジャパン2005組織委員会と、日経BP社。
 今回は特に、バイオテクノロジーの実用化とビジネス化に焦点を当てた企画となっており、セミナー(48セッション)、ビジネスパートナリンク(65社が技術発表)、展示会(約280社)など、盛りだくさんの内容であった。
 会場内に設けられた商談コーナーは、空席待ちができるほど盛況であったし、各種プレゼンコーナーでも多数の出席者が熱心に耳を傾けていた。
 本紙関係では、日本バイオロジカルズ(株)の関連会社であるアリジェン(株)や、味の素(株)、協和発酵工業(株)、旭化成ファーマ(株)、(株)日立製作所、明治製菓(株)、サントリー(株)、東レ(株)などが、バイテク技術を駆使した新製品や各種検査機器、各種有機合成中間体、アミノ酸製剤、各種オリゴ糖製品、カシス加工品、ピロリ菌抑制剤、抗MRSA剤やバイオ製造技術などを紹介していた。
 次回のバイオジャパン2006は、ワールドビジネスフォーラム・インオオサカとして、2006年9月13日から15日までの3日間、大阪国際会議場(クランキューブ大阪)で開催の予定。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。