最新!  関東GPセンターが竣工 マルトグループのパートナーズ 最新鋭設備でコストダウン図る(ニュース-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月28日(日) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


東洋キトクフーズ発足 社長に釜谷氏

2005.09.25発行
 本紙既報の通り、鶏卵荷受け会社の東洋鶏卵(株)(森尾篤社長―本社・東京都台東区上野3−3−4、資本金9,900万円)は、親会社のキトクフーズ(株)(釜谷弘社長―本社・東京都千代田区神田佐久間町1−11、同1億5,000万円)と10月1日付で合併し、『東洋キトクフーズ株式会社』として新たにスタートする。新役員は次の各氏。
 取締役会長 森尾篤▽代表取締役社長 釜谷弘▽常務取締役 荻野晴男▽取締役管理部長 大和田行夫▽非常勤取締役 松山庄吉▽同 木村順▽監査役 土田秀三
 鶏卵第一部長 星野吉久▽鶏卵第二部長 武藤建二▽食品部長 望月則昭▽製造部長 小池正弘
 両社は、鶏卵販売業務の効率化、業績の安定向上、経営基盤の強化を図るために合併したもの。
 新会社の資本金は1億5,000万円、総資産は約20億円。鶏卵の販売、惣菜の加工販売、不動産賃貸などを主な事業とし、年商は百億円前後を見込んでいる。決算期は12月31日。
 本社は現キトクフーズ(株)(電03・5209・5721、F03・5209・5728)に置き、これまで東洋鶏卵(株)が行なってきた業務は、東洋キトクフーズ褐{卵第二部として、旧東洋鶏卵の事務所で引き続き同一の担当者が受け持つ。
 鶏卵第2部の電話(03・3834・3211戟j、FAX(03・3834・3218戟j、市況サービス(03・3834・1181戟j番号は従来通り。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。