最新!  ペレタイザー「粒造くん」をタイの8県に納入へ 垣内(新製品-2017.03.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月24日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏舎の夏場対策改造 東洋システムが積極的に取り組む

2005.09.05発行
 東洋システム(株)(安田勝彦社長―本社・岐阜県各務原市金属団地97−4)は、同社の持つ技術を利用して、鶏舎の夏場対策の改造に積極的に取り組んでおり、注目されている。
 これは夏に強く、冬期は入気口分割によって舎内温度格差がほとんど出ない、同社の新トンネル換気(特許3598212および3703168)を活用し、従来型ウインドレス鶏舎(横断換気、天井排気、陽圧換気など)の換気改善や、開放鶏舎の夏場の環境改善に積極的に取り組んでいるもの。
 さらに水源のある農場では、これにクーリングパッドを導入したり、建物の構造上制約がある場合は、ルービンフォッグをドッキングさせて、夏場対策の効果のアップを狙っている。
 同社では、この夏場対策改造に、新トンネル換気を開発した翌年の平成9年から取り組み、各地で実績を上げつつある。地球温暖化の中、この実績をもとに施工経験なども織り込み、効果的な夏場対策に加え、当期の環境も良い鶏舎に、経済的なコストで改造できるようにさらに研究を続け、その輪を拡げていきたいとしている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。